<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

51




日本から持って帰ったかつらむきマシン無事デビューしております。
[PR]

by silga | 2011-03-31 10:52 | 日常などなど

Farsbrød とセロリのピューレ

c0201605_0464763.jpg

材料 A

子牛、豚肉合挽き肉   500g
卵(Mサイズ)      3個
牛乳          30~50cc
玉葱(微塵切り)     2個
ニンニク(微塵切り)   2欠片

香草(全て微塵切り)
ローズマリー
パセリ
タイム


赤ワイン        10cc
オリーブオイル      少々
溶かしバター       少々
トマトペースト     10g
ナツメグ        1個(摩り下ろす)
塩、黒胡椒       適量
乾燥パン粉       適量


----------------------------------------------------------------------------
ベーコン        1パック~2パック

c0201605_049889.jpg

c0201605_0514378.jpg

c0201605_053233.jpg

c0201605_0541835.jpg

c0201605_0553360.jpg


復活祭が近くなりましたのでその食べ物を。
僕の一番好きなデンマーク料理の一つです。

伝統的に復活祭前のある一定期間中は肉、乳製品、卵などが禁じられている為
復活祭当日の解禁日には食卓にたくさんの動物性食品が並ぶそうです。
このミートローフにしてもヨーロッパの各国では色々スタイルが違っていて面白いものです。
フランスやイギリスでは中にゆで卵をいれたりと様々ですがデンマークのミートローフの特徴は
周りにベーコンを巻着込むところ。

作り方は写真の通り、全ての材料Aを混ぜ合わせ
Farsbrødの語源通りパンの形に成形してベーコンを巻き込んでいきます。
160度から170度のオーブンでじっくり30分から1時間火を入れていきます。
(指でちょっと押して透明の肉汁がでてきたら中まで火が通っていますよ)
この料理のコツは繊細に作らないところですw。
今までたくさんデンマーク料理を作ってきましたが美味しく作るコツを聞かれると
悲しいかなこれが僕の結論です。
時間をかけず漁師料理の様に豪快に作ってみてください。
たまねぎも炒める必要はなく、全ての材料も粗微塵で良いです。
日本のハンバーグのように小一時間滑らかになるまでネタを混ぜ込んでいく必要もありません。
(したにこしたことはありませんがミンチの形状が多少残る雑さもまた味です)
もちろん盛り付けも豪快に。

c0201605_19311312.jpg

c0201605_19343923.jpg



そして今回はセロリのピューレを添えてみました。
僕は肉料理には必ず何かの野菜や果物のピューレを作っています。
人参、じゃが芋、かぼちゃ、りんご、マンゴー何でもでもいいです。
前述したコツですが、デンマーク料理に限らず全ての料理全般に対してですが
もう一つ、僕はいつも何かしらの「遊び心」を入れて作っています。
もちろん相性やバランスも大事ですが、
例えば味も単調で派手さのないデンマーク料理に”何かを”という感じ。
また違った世界が見えてきて色々な発見にもなるので試してみてください。

材料は
セロリ200g(皮を包丁でそぎ落とし薄くスライス)
生クリーム 200~250cc

生クリームをかぶる程度までいれ弱火で完全に火が通るまでコトコト煮ていきます。
ハンドブレンダーなどで滑らかになるまでブレンドする。
改めて少し煮詰め後、塩コショウで味付けしてください。


c0201605_19425145.jpg

[PR]

by silga | 2011-03-29 19:47 | 日常などなど

60

c0201605_7444046.jpg


試作料理会無事終わりました。
狭い自宅のキッチンで一人で5コース(前菜、スープ、魚、肉、デザート)も作ったので
仕込みをしていたにもかかわらず、デザートがでるまでなんと5.6時間もかかっていました(笑)
しかし、美味しいものを食べたり、しゃべったりすることは大切なことです。
今それが問題なくできる日本人としてがんばって日常をおくらないといけませんね。

明日は60人の立食ブッフェです。


*5代目自転車盗まれました。
盗んだ方全然許しますのでどうかご返却を。
でもすでに6代目購入(今回は超頑丈チェーン付です))
[PR]

by silga | 2011-03-21 07:51 | 日常などなど

ねこのきもち

c0201605_971379.jpg


ブログを始めてもう4年目です。
内容の質はさて置き結構続くもんですw

(最近は料理の記事が書けなくて、引け目を感じていたので。。。)

先日の話ですが初めて日本のある出版社からメールをもらいました。
料理雑誌ではなく猫の月刊誌(笑)


月刊誌『ねこのきもち』という雑誌。

この月刊誌の付録新聞の
世界の猫のくらしを紹介する
「ワールド・ねこ・ライフ」というコーナーで紹介してくれるということです。

この調子でいつか有名な料理雑誌にも俺の料理が載る日が来るんかなーとちょっと妄想w
実は来週、友人を呼んで久しぶりに試作料理を作って批評してもらう会を設けてます。
そのメニューが中々まとまらず、でも頭の中はいろんなアイデアがグルグルぐるぐる。

今までやってきたもの


デンマーク料理の現在形


そして自分流で


難しいですが考えるのは楽しいです。



c0201605_9471128.jpg



そういえば料理教室。。。
年末から相当ほったらかしにしてますが、今こそやるべきかも。



walk the talk


make good on the promise


です。。。
[PR]

by silga | 2011-03-11 09:50 | 日常などなど

180

c0201605_1819867.jpg
c0201605_18201468.jpg


昨日は今年に入って初洗浄。
家猫でも3,4ヶ月に一回程度が一般的らしいですが、シルガは極度に怖がるので大変です。
ドライヤーはパニックになります。
最近は日差しが入ってくるので太陽の日差しと暖かいパソコンの上で自然?乾燥。
パソコンまたぶっ壊れそうです。。。

明日は180人の3コース。。
頭が痛い。。。
胸が苦しい。。。


c0201605_18272123.jpg

[PR]

by silga | 2011-03-07 18:29 | 日常などなど

Knoldselleri

c0201605_1864100.jpg


昨夜のスカッシュで筋肉痛。。。
運動不足の身の程知らずですが、やはりここは継続するべき。
来週もやりたいな。

昨日スカッシュをやりながらなぜか思いついたのが
こちらの西洋セロリ(肥大した根)を使ったプディング。
セロリとバニラはよく合います。
この組み合わせを考えるのが実は一番楽しかったり難しかったりします。
最近は仕事外での自分の創作料理のメニューをよく考えてます。
特に野菜を使ったデザートが頭の中をぐるぐる、グルグル。
フランスのように華やかなマルシェ(朝市)があればもっとひらめきますが、
デンマークはデンマークで暗いどんよりとした状況で考え、
たまたま出来上がったものも結構良かったりする。

今日は試しに焼いてみます。
[PR]

by silga | 2011-03-05 18:14 | 日常などなど

40

c0201605_121845.jpg

c0201605_22492758.jpg


本当にこの猫は『 怒る 』という感情がない猫だ。
いつも穏やかで、マイペースで臆病で優しい猫。
もう2年以上も前ですが、
一度だけ冒険心からか開けっ放しにしてた玄関から外に出たことがあります。
しばらく探してたらアパートの階段の踊り場でブルブル震えながら丸くなっていました。
自宅がある階からたった2階上の踊り場で。。。なんともまあ。。。
途中きっと怖くなって立ち止まって震えていたんでしょう。
だっこすると必死にしがみつこうとして爪が痛かった。


年を重ねるほどに猫も性格が図太くなると言いますが、この猫はきっとこのまま年を重ねるな。
猫をもらう時にたくさんの兄弟の中から一番おとなしいのをと言いましたが、
こんなにもおとなしい猫だとは。


ま、なにが言いたいかというと全然悪いことではない。
この猫の最大の長所。
僕がこの猫をかわいいと思う最大のポイントです。

たかだか猫とはいえ学ぶことは多く
仕事中なんどもカッとなって怒りそうになっても最近は怒らない。
言いたいことはもちろん直接言わないと伝わらないけど、どうやったら相手に怒らずに
思いが伝わるんだろうと一歩とどまり考える。

思えば日本の厨房では怒っている人達ばっかでした。
罵倒も時には暴力も。
まあ、それによって得るものがたくさんあったのも悲しいかな現実。
多彩な世界観を持っている人はお互いの行動が理解できない状況が多々あるんだろうな。
料理の世界ではそういう人が本当に多い。


一歩とどまり考える。

難しいことですなw

さて念願の週末休み、今日はスカッシュに誘ってくれたので久々に行ってみます。


c0201605_23465628.jpg


パソコンをしているとたまーにこーやって側でずっと見ています。
[PR]

by silga | 2011-03-04 23:48 | 日常などなど

前菜のようなもの。

c0201605_1542940.jpg


昨日友人がある動画を送ってきてくれました。
情熱大陸でおそらく同世代の仙台のイタリアンシェフ。
地元の野菜や家庭菜園で自ら育てた野菜をふんだんに使った料理を楽しみに
わざわざ遠方から足を運ぶお客も多い。
このフレーズは結構聞きますが改めて良いなーと。
この動画を見る前日、
来月のメニューの試作をフランス人のスーシェフと一緒にあーだこーだ良いながら
作ってました。
前回日本から持って帰った宴会大量調理用のかつらむきマシンを使って様々な野菜のチップを
作っている最中、そこにはいわゆる基本や伝統など一切ないことに
正直後ろめたくなる時があるんですが、彼はそんなことはお構いなくといった感じで
目を輝かせて一生懸命作っている。
彼が作り出す料理はフレンチ、デニッシュの基本には忠実ですがいつも独創的で新しい。
この仙台のシェフも映像を見る限り、基本にとらわれない自分の料理という感じが強い。
独自の道を一直線に進みすぎて対極にいる同業者にガンガンたたかれると自らも言っている。

基本を崩すというのは簡単に見えますがハートが強くないとできないんですw

偏屈(ヘンクツ)というのはやっかいだ(笑)
周りがきっとしんどい。
時には煙たがられる。
なんなんだあいつは。。。なんてきっと言われてる。


でも真剣で一生懸命で一本しっかりとした太い線が通っていれば周りも不思議と笑みがでてきますね。



c0201605_235557.jpg


シルガの3回目発情期終了。
こいつも変わってるw
ヘンクツな猫だ。。。
[PR]

by silga | 2011-03-01 03:03 | 日常などなど