<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猫まんま

c0201605_533728.jpg

c0201605_584880.jpg

今日の朝のことですが

どうもシルガの耳がいつもより熱いので熱でもあるのかと心配になり、色々ネットで
対処法を調べました。

この猫と暮らして約3年ですが
恥ずかしながら初めて猫の体温の測り方、脈の測り方などをしりました。
幸い体温も脈も正常だったので一安心。
早朝にドタバタと運動をしていたので耳の体温が高かっただけのようです。
しばらくしたら耳もいつもの体温に戻っていました。

でももしかしたら今までに風邪や高熱がでたときがあったかもしれない。
ものが言えない動物です。
今日のこの出来事でもう少しこの子に気を使ってあげないといけないなと改めて思う良い機会に。
そして考えてみたら手作りでご飯を作ったことがない。
栄養のことを考えペットショップで一番高価なドライフードとウェットフードを交互に
与えていますがやっぱり人間と一緒でたまには自然のものを食べたほうがいいに決まってる。
これからは週のうち半分はちゃんと手作りの栄養食を作ってあげようと思います。

で以下猫の手作りご飯というサイトの資料を拝借し載せます。
http://nekogohan.net/tezukuri4.html

ネギ類のニンニクは、ごく少量手作りご飯に混ぜると、ノミよけや
免疫アップになるようです。ニンニクを入れると食いつきが良い場合
もあります。ただし、生のニンニクを大量に食べると胃の壁を刺激し
腹痛・おう吐・下痢と良くない事が起こるので、量を極少量にして下さい。
ゆでたニンニクでも、生ニンニクと同じ効果があるとされています。

ネギ類の玉ねぎも、大量でなければ大丈夫のようです。
ネギの苦味は、加熱により、かなり軽減されます。
だからと言って、玉ねぎと肉だけのご飯なんて、止めてくださいね。

ニンニクや玉ねぎも、体に合う猫も合わない猫もいるので、ごく少量から
始めて、便の様子を見ながら量を決めてください。
胃腸が弱っている時は、食べさせないほうが無難だと思います。


ティースプーン1杯の野菜になれてきたら、
1杯づつ野菜を増やして行きます。
4杯ぐらい混ぜても平気になってきたら、 新しい野菜に
挑戦してください。
新しい野菜もティースプーン1杯から始めた方がいいでしょう。

3種類ぐらいの野菜になれてきたら、 3種類を混ぜて
食べさせてみて様子をみます。
たとえばティースプーン1杯づつで、
白菜、チンゲンサイ、にんじん。
これで食べてくれるなら、次のステップへ・・・


今度は少し肉類を入れてみましょう。
鶏肉の胸肉やもも肉を使います。
肉類もティースプーン1杯からです。
湯がいて、小さくきって、つぶした方が猫ちゃんをごまかせます。

ティースプーン1杯~3杯の野菜とティースプーン1杯の肉類と
いつもの猫缶。
あなたの猫ちゃんは、食べてくれたでしょうか。
これがうまくいけば、2週間ほど続けてください。


次は穀類を入れて見ましょう。
あわ、ひえ、麦、ご飯、ハトムギ、
どれがあなたの猫ちゃんのお好みでしょうか。
ご飯を食べてくれたら簡単ですが・・・
うちの猫はあわ、ひえが好みです。
穀類もティースプーン1杯から始めた方が良いと思います。
ご飯、麦はお粥のように炊いて、ミキサーで砕いた方が好きな
猫もいます。
アワ、ひえもお粥のように炊いてあげます。

ツブツブがいい猫と、ドロドロが好きな猫と色々です。



今日はこれを参考に
ブロッコリー(猫はブロッコリー大丈夫とのこと)と人参、ご飯、
オーガニックの鶏肉を使って作りました。
...がしかし食べてはくれず。
料理の道に入ってもうかれこれ13年ですが惨敗です(笑)

まだまだ改良の余地ありです。


c0201605_4304117.jpg

[PR]

by silga | 2011-04-25 05:18 | 日常などなど

0


[PR]

by silga | 2011-04-19 05:02 | 日常などなど

新じゃがいも。

c0201605_17251069.jpg


ここ2週間弱なんだか忙しく仕事場と自宅の往復の日々。
昨日はこちらの在住日本人の方々にデンマークにて初めてBBQに呼んでいただき、
久しく日本語も使ってなかったのでなんだかほっとしました。
この春から日本に戻り新しい生活が待っている友人達もおり、また節目の季節がきたんだなーと実感。
最近のデンマークもやっと春が来そうな感じです。やっと桜も開花したそうですね。
アスパラや新じゃが、春イチゴ、ルバーブなどの春の野菜も店頭に並んでます。
復活祭もちょこちょこと休みがとれたのでじゃが芋料理でもしようと思っています。


じゃが芋一つとっても奥は深い。
例えば新じゃがはポテトサラダを作るには向いてません。
美味しいポテトサラダを作るにはしっかりと成熟したじゃが芋が適しています。
でんぷん質の多いじゃが芋料理のポイントは
なるべくでんぷんを外に出さず、じゃが芋独特の糊上の粘りをださずに調理すること。

まずたっぷりのお湯で茹でた後、熱々に熱したソテー鍋で
乾煎りして粉ふき芋を作る。
しっかりと水分を飛ばした後に塩、胡椒、ビネガーを適量ふる。
冷ました後にマヨネーズで合えるのが理想です。

この作業の中でも注意点があって必ずじゃが芋を茹でるときは塩を絶対に加えない こと。
デンプンは加熱すると水分を含みあの独特の粘りがでてしまいます。 
塩を加えて茹でると塩を加えないで茹でた場合よりもじゃが芋の細胞が壊やすく煮崩れし
デンプンが外にどんどん流れ独特の粘りがでてしまい、舌触りの悪い粉ふき芋になってしまいます。
またソテー鍋で必要以上にじゃが芋を混ぜるとやはり細胞が壊れデンプンが外にでてしまい、
粘りがでる。
味付けも必ず粉ふき芋にした熱々の状態ですること、
加熱すると細胞が壊れデンプンが水分と一緒に外にでる様に
味が素材に染みこむプロセスも加熱している状態が一番吸いやすく、染みこみやすい。
必ず細胞が壊れている熱々の状態で
塩、胡椒、ビネガーをかけてあげるとしっかりとじゃが芋に味が浸透します。
マヨネーズを合えた後でもしっかりとしたぼけない味になります。
そしてこの状態で塩コショウに加えてお酢を少量加える理由は
この一番味が馴染みやすい、吸いやすい状態で少し酸味をじゃが芋に隠し味として残すとマヨネーズ独特の酸味も引き立つからです。
逆にマヨネーズの様に味の強い調味料は素材そのものの味が消えますので
味が染みこみにくい必ず冷ました状態で合えるとじゃが芋の内部にまで必要以上にマヨネーズの味は浸透せず、素材の味も残ります。
たかだかポテトサラダといえどこの様にポイントを踏まえて作ると粘りもでず、舌触りも良く
酸味、塩味そしてじゃが芋独特の香りや味もハッキリと残る仕上がりになります。


簡単な様で一つ一つの作業に理由があり、コツがあり
それが料理の難しいところでもあり、面白いところでもあると思います。
味付けをするポイント、瞬間、味が染みこむメカニズム、
そしてそれぞれの素材の特徴などを踏まえると、必要以上に調味料などを加える必要もなくなり、
濃い味付けになったりもせず、素材の味も消すことなくまた調味料の味つけもはっきりとした良い味になりますよ。

なので身も硬く締まり、水分も適度な成熟したじゃが芋はポテトサラダやコロッケなどが適しています。
水分も多く身もまだ未熟な新じゃがは煮崩れもしやすくデンプンが外にでやすいので
こういった料理には向いてないですが、
水々しく味も食感のいいのでそのままオーブンにいれジャガバターにしたり
グラタンやスープといった料理が向いています。



※写真

臨時収入もあったのでもうずいぶん古びていたテーブルを新調しようと思い購入しました。
春らしい明るい木目調のテーブルを選んだんですが、届いたのはスゲー真っ黒なテーブル。
超凹みながら組み立てた先週末でした。。。
昔からこういうミラクルはよく起こすのでもう慣れました。
僕の自分で言える良いとこは諦めのいいとこです。
まあいっかです。
[PR]

by silga | 2011-04-18 19:42 | 日常などなど

100

c0201605_6484397.jpg


昨日は90人のランチブッフェ。
夜は70人の2コースディナーをほぼ一人でやってクタクタ。。。
でも昨日はほんとに天気がよく職場前の運河も太陽光を求め人がいっぱい。
改めてこの国で太陽の光の大切さを実感しました。

ああ、こんな日はぼーと釣りがしたい。ビールでも飲みながら好きな音楽でも聴きながら。
無理な妄想もするだけでよしもうひとふんばりやるかと元気がでる。

コックを始めた頃に繰り返し繰り返し聞いてた音楽や見ていた映画を久しぶりにひっぱりだすと
当時の思い出が甦るように、料理もきっとそうでありたい。
日本に比べヨーロッパは味を変えない、味を守るという意識はとても薄い。
もちろん形を変えずに伝統料理というものはあるが日本の職人のような頑固さはない。
日本の職人の一途な頑固さ、技術は海外にいるとなおさら誇りに思います。

そしてその繰り返し繰り返し聞いてた音楽や、見ていた映画、
食べていた変わらない味の一皿。
当時僕が夢中になっていたものの作り手の方々は30代の人が多かった。
一つのことを10年やってみてそこがひとつの分岐点となる。
30代が一番脂がのっている時期と言われるのも今でこそなんだか少し分るような気がします。
そして今その作り手の人達の当時の年齢に自分自身が追いついてきて最近思うことがたくさんあります。

昨日の団体は客の世代と出す料理が逆転していて少し面白かったんです。
90人のランチブッフェは昔ながらの伝統的なデンマーク料理をだしました。
客層は20代、30代の若い世代が中心。
夜の70人のコースはデニッシュフレンチ、いわゆるニュースカンジナビア料理。
僕ら若い世代が考えた新しい料理です。
客層は60代、70代のもうそれぞれ自分の仕事の現役を引退している方々。

みんな純粋に楽しそうに食べている。

こちらの人が食べているのを見ていると、うまく言えませんが色んな葛藤、
そして自分の中に染みこんでいる色んな頑固さが消えます。
僕がコックを始めた13年前、なんで日本料理ではなく
ヨーロッパの料理を選んだのか、なんだか最近やっとわかったような気がします。

震災から一ヶ月が経ちました。これからも時間はどんどん経過していきます。
僕が10代の頃色々なきっかけとなった感動したものが日本にたくさんあったように
今度は僕ら若い世代がこの悲惨な状況下でも何かを始めようとする世代のために
今自分がやれることそしてこの時間を粗末にせず、
どんどん新しいものを生み出していかないといけない番だなと思うこの頃です。


今日は久々の休みらしい休み。
とりあえず布団を洗おう。
[PR]

by silga | 2011-04-11 17:02 | 日常などなど

菊芋、セロリ、オレンジのパスタ

c0201605_20473942.jpg

パスタの更新は3年ぶり。
パスタマシンを買おうか悩んでるこの頃。
今日はデンマークではおなじみの菊芋のパスタ。
いつもパスタを作るときはなにかトッピングを作るようにしています。
シンプルな料理なので一つ着飾ってあげる感覚で冷蔵庫にあるもので作ってあげるのが基本。
そしてにんにくの使い方がやはり肝心なので今日は詳しく書けるように写真を撮りました。
c0201605_2048398.jpg

万能ねぎはナイフでスライスし、セロリは皮むき器でまず表面の皮を取り除きそのまま皮むき器で
なくなるまで削いでいき冷水(できれば氷水)に漬けておきます。こうすると灰汁もぬけ水気を
きった後はクルンと丸まり飾りとしても綺麗です。
c0201605_20495817.jpg

オレンジのフィレとオレンジ果汁、オリーブオイル、塩、胡椒で味付けします。
c0201605_20581736.jpg

にんにくオイルの作り方。
にんにくは包丁の背でつぶし写真のようにたっぷりのオリーブオイル(泳がすくらい)
でフライパンを傾け弱火で煮ていく、じっくり揚げていく感覚です。
オイルにニンニクの香りを移すことが重要。
余熱でにんにくに火が通るのを計算して8割がた良いキツネ色になってきたら
ここで初めてタカの爪、ベーコンをいれ唐辛子とベーコンの香り、味をオイルに移していきます。
c0201605_2123676.jpg

ここで主役の材料をここで入れます。
菊芋は皮も美味しいのでよく荒い、芽の部分だけナイフで削ぎ乱切りにし、さっと炒めます。
じゃが芋と違って生でも食べれる食材なのでシャキシャキ感が残るようにさっと炒める程度です。
c0201605_2141262.jpg


今までの作業はパスタの味の決め手となるドレッシング作りだと思ってください。
オイルに各材料の味、香りをどれだけ移せるかでパスタの味が決まります。

そしてここからの作業が一番の決め手。

そのオイルをパスタに絡みやすくする為にパスタの茹で汁とオイルを合わせてソースを作ります。
全ての材料の香り、味が移ったオリーブオイルと茹で汁を適量すばやくあわせて乳化させ
ます。
ポイントとして合わせる時はオイルがある程度の温度を保っていること。
でも水を投入したとき一気に蒸発するほどの高温だと危険ですし、水が蒸発するだけで
油とうまく乳化はしませんので注意。逆に低温すぎると分離してしまいただソースの味を薄めてしまうだけなので、ある程度の温度が重要です。
そして合わせる瞬間はフライパンを軽くあおりかき混ぜる感覚です
油と茹で汁がうまく合わさりソースにとろみがつけば乳化の成功です。



c0201605_2151644.jpg


このソースとパスタを絡めていきます。
軽く塩、胡椒で味を整えます。

c0201605_217279.jpg


オレンジのサラダを大胆に盛り付け完成。


c0201605_21455757.jpg

[PR]

by silga | 2011-04-07 21:35 | パスタレシピ

布団の中

c0201605_9381084.jpg

c0201605_939177.jpg

c0201605_945678.jpg


布団の中に入る猫は珍しいと聞きますが、
ここ最近寒いのか朝起きたら入っていたり、
夜はいないなーと思って探すと布団の中で小一時間寝ています。

この猫のマイポジション。
棚の上だったり、バスルーム、布団の中だったり様々ですが気まぐれなんかではなく
彼女なりの季節感が感じ取れます。
日本では桜が咲いていると聞いてますが
まだまだ寒いデンマークです。


気がつけばもう4月ですね。
春を意識したメニューを書きたいですがまだまだ春のメニューに似つかわしくないデンマーク。。
いつも料理を考える前にインスピレーションとして頭に最初に浮かぶものは食材や出来上がりの絵ではなく『色』。
うまく言えませんが、春なら春の色、夏なら夏の色。

。。。ん?なんか言ってる事が芸術家っぽくてやですが

その辺だけは不思議なもんでほんとに無意識にでるもんで、それから食材選びだったり、こうやったら綺麗だろうなとか、美味しいだろうなーとか。

シルガが季節に合わせてポジションを変えるように
その色も季節ごとに自然に頭に浮かんできてるんだろうか??

そしてなんでこんなに時間がかかるんだろうというくらい料理って時間が過ぎていきます。
食べるのはほんの一瞬なのに。。。
でも馬鹿らしいと思ったことは一度もない(仕事辞めようと思ったことは何百回とありますが。。)
美味しいものを作る為には当たり前なこと、しょーがない。
ヨーロッパのキッチンに入ってみてその意識は強くなったような気がします


なんてひとり言を書いていたら朝4時。。。
くだらないことを書いてないではよ寝て明日の30人の団体宴会をやっつけねば。。


ま、要は猫の写真を3枚載せたかったということです。
[PR]

by silga | 2011-04-07 11:19 | 日常などなど

デンマーク風BBQソースとオレンジときゅうりのサラダ

最近のデンマーク、また天気が悪い日々が続くこの頃ですが
バーベキューの季節ももうすぐではないでしょうか?
この国にきて5回?6回目?の夏ですが、いつも機会を逃しまだ一回も野外でバーベキュー
をしたことがありません。。。
今年こそはと思いますが、どうなることやら。。。
このBBQソースは豚肉、鶏肉、ラム肉となんでも相性は良いのでお勧めです。

では作り方。


c0201605_5135325.jpg

BBQソース 約出来上がり1ℓ
材料

材料a
トマト          2個
たまねぎ         1個
にんにく、生姜      各一欠片
ベーコン         100g
タイム、ローズマリー   適量(葉の部分だけ)
生唐辛子         1個
タカの爪
塩、胡椒 

材料b
トマト水煮缶      1缶(400g)
トマトペースト      小さじ1杯
蜂蜜           小さじ1杯
粒マスタード       100g
HPソース        70g
タバスコ         少々
砂糖           20g
赤ワイン         50cc(
水            50cc        
c0201605_5191597.jpg

材料aをすべてスライスしオリーブオイル、にんにく、生姜、タカの爪、唐辛子、たまねぎ
ベーコン、トマト、タイム、ローズマリー、塩、胡椒の順に
ある程度の大きなソテー鍋でしんなりするまで弱火で炒める。

材料bをいれ(最初に赤ワインをいれある程度煮詰めた後残りの材料を入れる)
とろみがでるまで煮詰める(目安としては30分から40分くらい)

その間底が焦げないよう注意
c0201605_5201065.jpg


その間に臭み、油抜き為に骨付鶏もも肉をたっぷりのお湯で下茹をします。
たっぷりのお湯に塩、オリーブオイル少々をいれ
この時点で8割ぐらい火をいれておく(目安としては15分から20分)
c0201605_5214524.jpg


煮詰める間にサラダ。
きゅうり、たまねぎ、オレンジのフィレ、オレンジ果汁、レモン果汁、オリーブオイル
シェリービネガー少々と塩胡椒で冷蔵庫で寝かしておく。
c0201605_528229.jpg

煮詰まるとハンドブレンダーでブレンドします。
ブレンドした後まだ水っぽければ再度煮詰めます。
c0201605_529173.jpg

下茹でした鶏モモ肉に適量のソースを絡めます。
余ったソースは冷蔵庫で2週間は保存可能です。
c0201605_5304283.jpg

もう8割程度鶏には火が通っているので200度の高温のオーブンで
良い焼き色がつくまで。
もちろん炭焼きができれば直接グリルする。
c0201605_534283.jpg


大胆に盛り付けます。


c0201605_72631.jpg

また最近食べ好みが激しいです。
ローテーションが命のようなので
常備している数種類のキャットーフードの総額が1000クロを越えてます。
セレブな猫です。
そして金がかかります。。。
[PR]

by silga | 2011-04-04 06:02 | NETTO Cooking